東京ローゼ&フェイク・スイーツブログ

ドールとフェイクスイーツ作りをまったり楽しんでいます。                                                2/4NHK[土曜マルシェ」に出演。2/22から夢見るMyマイメロディ展に参加してます^^


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フジテレビ 『情報プレゼンター とくダネ!』特捜エクスプレスでフェイクスイーツが特集されました。


2月6日、フジテレビ 『情報プレゼンター とくダネ!』特捜エクスプレスで
フェイクスイーツの特集が放映されました。

R0017635.jpg
15分ほどのコーナーの中で作った作品や読売・日本テレビ文化センターの講座の様子、
豊洲文化センターで受講してくださっている方のおうちや作品など、
とっても楽しくご紹介いただきました。


まずはトリュフで本物あてクイズからスタート。
R0017650.jpg
面白い企画です^^
どれが本物でどれがフェイクスイーツかわかりますか?

実は5秒では自分でもわからなかったです。
というのも、よく見ると心当たりのあるものが5個、なんと半分がフェイクなのでした。
自分で作ったものだから間違いないと・・・・・・思いますよ♪
トリュフは本当に本物そっくりにできちゃいます。

そのうちひとつはマグネット。これは過去記事を見るとわかります。^^
残り4つは「かわいいフェイク・スイーツのつくり方」12、13Pに答えがあります。
同じようなデザインのものが2つあったらどちらかがフェイクです。
お手持ちの方は是非答えあわせしてみてくださいね。


豊洲に通ってくださっているWさんのおうち探訪のあとは

読売・日本テレビ文化センター錦糸町の講座の様子です。
R0017651.jpg
参加されている方は20名。
一番大きな美術室で広々と作らせていただいています。
この日はバレンタインにちなんでチョコレートのアクセサリーを作りました。
トリュフ2種、アーモンドのカップチョコ、チョコミントアイスのストラップの4つを
2時間で作りましたです。
もりもりメニューだったけど皆様よく頑張られました。


トリュフをペースト状のモデナでフォンデュして乾かしているところ。
R0017664のコピー
串をさしたところは乾いたらヒートンを入れる穴になります。
いつものように個人個人で自由にデコレーションしていただきました。
形も味もいろんなトリュフができました。^^
多分手前はハート型の側面なんだと思います。



カップチョコの製作風景。
R0017667.jpg
ホットプレートで、カップに入れたグルースティックを熱するとなめらかで綺麗になります。
大き目のグルーガンでもいけます。
グルーは1時間もおけばしっかり固まるのでせっかちさんにもいい素材。
ホットボンドを使ったチョコやアクセサリーへの加工の仕方は
フェイク・スイーツのかわいい小物に、
カップチョコは2月7日発売の「COTTON TIME (コットン タイム) 09年 3月号」
(主婦と生活社)に掲載しているレシピから。


撮影風景です
R0017634.jpg


最後に、レポーターの熊谷さんが実際にお教室で作られた作品4種を
スタジオにてご紹介いただきました。
>R0017674.jpg
ハートのトリュフはイニシャルとスワロがついています。
シンプルで素敵なデザインです。
ちゃんと大人が身につけられるものになってると思う。
参加くださってありがとうございました。

VTRを見終わった後に小倉智昭さんが
「これは男の人がプラモデル作ったりする気持ちと一緒でしょ?
 ようやく女性にもあのワクワク感をわかってもらえた気がする」
という内容のコメントをしていらしたのですが、とっても的を得ていると思ったのでした。
手のひらサイズの幸せを作ること。
基本はそこで、使えるかどうかは別の魅力なのです。

今回の特集の軸は、
「人は機能重視の実用品もかわいく楽しめる物にすることができるし、
 実用じゃなくても何かを作ることを楽しみ、愛でるものなのだ。」
 という内容だったと思うのです。
 それがすごい良かったです。^^嬉しかった~~。
 作っている時のあの高揚感みたいな不思議な感覚は、実際体験しないとなかなか伝わらないと
 思うし、あんまり取りあげられない部分なのだけど
 でもそこがはまる一番の理由なんだと思うのです。
  
 「とくダネ!」さんとご協力くださった皆様に感謝です。ありがとうございました。^^


※追記です。
  放送後、おかげさまで読売・日本文化センターさん宛てに
  講座のお問い合わせをたくさんたくさんいただきました。
  ありがとうございます。 ドキドキ。
  でも、キャンセル待ちの番号もかなり大きな数字になってしまったので、
  もし「フェイクスイーツの教室に参加してみようかな?」と思われた方がいらっしゃい
  ましたら、以下のスケジュールもご参考いただけたらと思います。
  よろしくお願いいたします。
  http://homepage2.nifty.com/tokyorose/workshopevent.html



- Comment -

   

- Trackback -

Trackback URL

Template by †differ†
Cause Material by †FY†

まとめ

copyright © 2005 東京ローゼ&フェイク・スイーツブログ all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。