東京ローゼ&フェイク・スイーツブログ

ドールとフェイクスイーツ作りをまったり楽しんでいます。                                                2/4NHK[土曜マルシェ」に出演。2/22から夢見るMyマイメロディ展に参加してます^^


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Dolls in Story 幸福の王子 3


Dolls in Story 東京ローゼ 幸福の王子  
 Photo:帽子屋

もう片方のサファイヤの瞳をつばめが運んでいる間、王子は考えます。
「もう見ることはできなくなったけど、かえっていろいろな
 事がわかるようになったくらいだ」と。

町の人の喜びの声

弱くなってしまったつばめの羽音

自分に近づく足音。


*   *   *    *   *   *


今回制作にあたってあらためて「幸福の王子」の物語を読みました。
最初に思ったのはなぜ王子様はつばめの命を顧みずに
宝石を運ばせたのかなあと。
ぼっちゃま育ちで空気が読めないのかしら・・・・とか。

でも何度か繰り返し読んでいてはたと思いました。
王子は何もかものみこんだ上でお願いをしたんだなあと。

自分はその国の最高権力者である王族で
「今この国のためにしなくてはならないこと」に
広場に立つことで気がついていきます。
自分の判断で他者の命や人生を左右するという重み。
それは時に罪をともなうものであるという事。
誉められる飾りではなく、誰にも知られなくても責任を全うする事。
自らをいとわず、罪も引き受けてなすべきことをする
実は聡明な人なのだと気がつきました。

つばめは知らずに、愛とは与えられるのを待つのではなく
みずから与えるものなのだと気がつきます。
自分を犠牲にしても目的を果たしたつばめは
身も心もあたたかい国にたどりつくことができたのだと思います。



- Comment -

   

- Trackback -

Trackback URL

Template by †differ†
Cause Material by †FY†

まとめ

copyright © 2005 東京ローゼ&フェイク・スイーツブログ all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。